整備内容 シフトコントロールシートの作成
対応車種 SJ10、20
情報提供者 8mano氏
作業時間 2時間
難易度 不明
必要な工具 カッターナイフ、ヤスリ、鍋、自由樹脂

ある日、バックにシフトできなくなる・・・シフトレバーのシートが磨耗し、下に落ちて引っかかりレバーを下げることができない模様。
このシートは前期、後期で異なる部品。前期は分厚いゴム製、後期は樹脂製。
前期オーナーは後期用のシートを組めばシフトフィール改善に・・・なりません。後期のシートを組むにはシフトレバーごと交換しなければならないのです。

私は前期ミッションに換装した際にレバーも交換していました。それを忘れて後期で部品を発注してしまったのです。しょうがない。再度発注。

しかし新たに部品を組むだけでは何かつまらない!そこで樹脂で前期用のシートを作って前期の「コンニャクシフト」を「焼きすぎて硬くなった牛肉シフト」くらいに改善できないものかと思い立ったのです。用意したのは、自由樹脂というモノ(販売元ダイセルクラフト35g350円ハンズで購入)粒状の自由樹脂を熱湯につけると粘土状になり、自由に整形(何度でも!)できるという代物です。磨耗してきたらまた整形できるのがポイント!

熱湯につけて柔らかくなった状態で素早く型を取ります。硬化時に少々縮むので何度か繰り返しコツを掴みます。あとはカッターナイフ等で大まかに整形し、実際に組み付けてスムースに可動するまで加工します。きつすぎると、バックにシフトした状態から戻りにくくなるので注意!絶妙のクリアランスを見つけたら完成。


実際に使用したところ、多少しっかりしたフィールになりました。一応成功です。
ゴムのシートは490円ですが、これなら350円で二個つくれます。暇な方は一度試してみてはどうでしょうか。


参考金額

シフトレバーコントロールシート  
前期
28115-64001 490円ゴム製
後期28115-78001 660円樹脂製 互換性無し

シフトレバーダストブーツ     28136-58001 420
2o厚のゴムシートで自作可

この部品もスプリングが当たり破れていたりするので交換すると良いでしょう。


自由樹脂
熱湯につけると変形
型をとった所
整形中
完成
左が、前期で右が後期
自作シート装着完了図