今日は、午前中に投票を済ませ、午後から作業に入れました。

ボディーの助手席の足元の錆び止め処理を行います。

この部分は、昨年、錆と錆で開いた穴を補修しました。

よって、致命的な穴はあるはずがないのですが・・・・・

昨年の手抜きにより、目をつぶった部分がありましたので、今回はついでに補修を行います。
旧塗膜をサンダーなどで、剥がします。

錆落とし処理が悪かったのか、所々、錆が残っていました;;
POR15を塗っていても、この通り、錆びが進行してる部分がありました。

錆自体に水分を含んでしまっていて、擦るとジャリジャリ音がします^^;

今回は、地金がでるまで、しっかり錆を除去してから、防錆処理をします。
こちらの部分は、クレーターみたいになっていますが、錆穴を埋めて出来た穴なんです。

クレーターを突いてみても、錆はなかったです。

この部分は、クレーターを残して、そのまま、上塗りを掛けるつもりでいます。

わざわざ、パテで平面を出す事は行いません。錆の温床になりそうだし・・・・
最大の問題部分・・・・・・

純正シートの足を止める部分です。
この部分って、猛烈に錆びているのです。

もう、穴は開いてるし、下の鉄板もグサグサ・・・・

昨年は、錆び止め塗料を塗って、そのままだったんですが、全く効果はありませんでした・・・・

ちなみに、黒い塗料がPOR15です。

ちゃんと処理すれば強力なPOR15ですが、手を抜いて、ただ塗っただけでは、本来の効力は発揮できません・・・
内側から、見た画像です。

穴開いてますね・・・・

POR15を適当に塗って、コーキングで埋めてもだめかw
仕方がないので、サンダーで切り取ります。

切り取らないと、錆処理なんて、できないんです><
こんな感じに、サンダーで切れ込みをいれました。
サンダーで撤去しました。

シートの台座は、手で錆処理しやすいように、曲げて起きます^^
台座の裏側です。

めちゃくちゃ錆びてますね・・・・

これって、切り取らないで、錆処理なんて出来るだろうか・・・・

出来たとしたら、神だ!

こっちも、錆でグサグサ・・・・
サンダーで綺麗に錆を落としました。

更に、古い塗料も落としてから、防錆処理をします^^
くり抜いた箇所に、裏から厚紙をあてて、エンピツでケガキます^^
出来上がった型紙を元に、いらないボンネットから、鉄板を切り抜きます^^
鉄板を仮組みして、クラフトテープで固定します^^
鉄板を溶接して完了です^^

曲げてあった、台座も真っ直ぐにしてから、溶接する予定です^^