取り外された、左側フェンダー

この日までに、だいぶ作業を行ってます。

家族が旅行へ出かける時に、デジカメ持っていた為、画像が無いんです^^;

まず、ダイジェストでお知らせしますと、SJ10、20の定番の腐り箇所である、バックミラーの下の塗装をはがして見ました。

剥がして見て、ビックリw

もう、鉄がすでに無くなっていて、穴をパテの山盛りで埋めてありました。

が・・・・ のこっていた、鉄板がペナペナになって腐ってます><

摘出された、裏当て。

フェンダーの裏側からの当て金も猛烈に腐ってました。
この当て金を外そうにしても、こじったぐらいでは全然剥がれません。

仕方が無いので、サンダーでフェンダーに傷を付けないように、削りまくります。 そう、全部、粉にするぐらい裏側から削っていくのです。 ペナペナになった所をこじると、なんとか剥がれてきました。それが、この画像

フェンダーのパテも全部剥がして、腐った部分を削ったら、バックミラーが付いていた部分に10cmX10cmの大穴が開いてしまいました。

仕方が無いんで、パッチを作って、付け合せ溶接を行い、大穴を塞いでおきました^^;上の画像がそうです。

画像が無いのですが、そんな感じの作業を、平日一時間づつかけて行ったんです^^
画像はフェンダーの下部です。塗装が浮いていたので剥がしてみたら、鉄板がペナペナになっていて、また、また穴が開いちゃいました><
裏から見るとこんな感じですね。 一度補修された後があります。

その昔、腐って切り取ってから、鉄板をはったみたいです。
悩みましたが、鉄板を剥がさず、無くなった部分にパッチを当てて穴を埋める事にしました。
判りづらいかもしれませんが^^;まず、要らなくなった鉄板を小さく切ります。

それを裏から当てて、ホワイトマーカーで、穴の部分に色を付けます。
こんな感じ^^

で、これを綺麗に板金ハサミなり、サンダーなりで切りそろえれば、パッチの出来上がりです^^

これを溶接でくっ付けて、穴を塞ぐのです^^

補修後の画像、このあと、錆止め処理を行います。

処理後にパテを盛って平面をだします。
裏から見た画像。

何者かが行った補修の後が判りますね〜

みな、同じような場所が腐るんですよね^^;
さて、ボディー部分は、右側のリアタイヤハウスの錆び止め処理が終わってます。

なんか、塗装が解けています;;

これは、マスターシリンダーの付け根からフールドが漏れてますね・・・・・

外して、予備と交換します;;
グローブボックスのフタとか、カーステとか純正ラジオとか・・・無いですね^^;;

そう・・・

全部外す事にしたんです。

色塗るためにね^^;

グローブボックスの中とかも、とにかく、全部塗る!
はいw 配線以外全部外しました。

後で、配線も外しちゃいます。

センターコンソールの純正ラジオが合った部分は、穴を板金で埋める予定です。

まっ平らなコンソールにするんです^^

気が向けば、綺麗に穴を3つ開け3連メータなど埋めてみましょうか^^

まあ、それは、まだ、先の話。

疲れたので、今日はこれで作業終了です^^;