前回、自作したカーポートです。 

メイン材は、C-100x50x2.3

会社で出た残り物で作りました。
屋根はホームセンターで買ってきたコンパネを使用です。
ブレースを左右と妻面に入れたので、数名で持ち上げても変形はしませんでした。

ジムニーSJ20の寸法が幅が約1400o、長さ3200o、高さ1700oです。

たいして、カーポートの寸法が内側寸法で幅1750o、長さ3600o、高さ2000oです。

つまり、余裕が 幅350o、長さ400o、高さ300oという、乗り降りも出し入れもかなりきつい寸法なのです。

  では、なぜ この様な寸法になったのかと言うと、材料の関係。
現在車検がないので、保管専用のカーポートという考え。
雪を下ろしたくないので耐雪設計で屋根に積もった雪をそのまま放置できる強度にする事。

という考えでこの寸法にしたのです。
実際、運用してみると、雨で濡れない。雪が入らない。屋根に積もった雪を放置してもつぶれる事なくOK。

当初の目的は十二分に果たすカーポートでした。2万円にしてはある意味、とても優秀です。

有ると無いとでは、雲泥の差。比較になりません。

しかし・・・・・人間欲が出るものです。

カーポートの幅、長さ、高さをもっと余裕があるように作って、中で整備でもできれば最高だと思うようになりました。

構想、半年、今年のお盆休み1日を使って大改造する事に決定です。
  まずは、今までのカーポートに下駄をかまして、高さを確保します。
会社に転がってた、鉄骨コラムを400mmに切り既存のカーポートの下に挟み込みます。

流石にこれは、一人では無理なので会社の仲間数名に手伝ってもらいってカーポートを傾けて下に挟んで、挟んだあと、片側を傾けて挟み込みました。

これで、高さが確保できました。

 
ここから、完成まで一人作業となります。

加工、運搬、溶接、ペンキ、屋根張りまですべて一人で一日で終わらせます。

400oかさ上げされたカーポート

真ん中から新たに柱を立てて拡張を行います。

  後ろから見たカーポート。

柱を追加して拡張していきます。

余った材料をもらって来たので、色がばらばらです^^;

完成の時には、すべて塗装する予定なので気にしません。
 
  壁ぎりぎりまで拡張。

柱を切っても倒壊しないように、余った材料で支えながら作業を続けます。
 
  いきなり完成画像です。

一人で全てやったので、途中から忙しくなり画像を撮ってる余裕が無くなりました。


  正面から見た画像。

かなり広くなりました^^
 
  これだけ広ければ、中で色々作業が出来そうです。

暇ができたら、更に拡張する予定です^^
 
  ジムニーSJ20の寸法が幅が約1400o、長さ3200o、高さ1700oです。

今までの、カーポートの寸法が内側寸法で幅1750o、長さ3600o、高さ2000oです。

今回拡張したカーポートの寸法は、内側寸法で幅3650o、長さ4900o、高さ2400oです。

画像のように十分な作業スペースが確保できました^^