北海道ではかなりの積雪となってます。

車庫の無いガラス屋にとっては、そろそろ作業冬眠の時期になります。

なので、残った作業も早急に進めました。
ドア内張りのベニヤ板?

程度の悪い物は水の浸入でカドが解けたり腐ったり・・・・

本当は、それを型紙にして作り直せばいいのですが・・

なんとか程度のよいベニヤ板が2枚あったので、表面のビニールを接着剤で張り直して使用しました。
足元のマットは、ホームセンターで買った汎用マットを使用します。

大きめのモノを買ってきて、ハサミなどでフィットさせます^^
次に、以前から用意してあったブレードヒューズボックスを取り付けます。

缶ヒーズは振動で切れたり、すぐ接触不良を起こすからです。

手でちょっとさわっただけでも、接触不良おこしたりで・・・・

完成したら一番最初に改造しよと思ってた箇所です。

ちなみにこれは汎用品

売ってる場所は↓です。(アフェリエイトでもないでもないで、ここからクリックして買っても、私には何の得もありません。あくまでも情報提供という形です。)

キノクニ
http://www.kinokuni-e.com/

これ2000円ぐらいだったかな〜
上の画像では適当なヒューズが入ってますが、取り付けの際にはちゃんと確認して取り付けてくださいね^^;

エイトなら上から10A、15A,20Aとなっており10Aと15Aは裏で配線がつながっています。

まあ、外したボックス裏からみたら判ります。

よって配線を二股に加工する必要があります。
取り付け後の画像です^^
次にリアゲートの隙間埋めを行います。

内側から見た画像です。

純正パーツがあるのかどうか不明^^;
窓枠と幌の間に付けるゴムはメーカーで製造中止・・・・

よって上記のリアゲートの隙間埋めに使ったゴムをこちらでも使います。

もちろん汎用品です^^
こんな感じのゴムです^^
いろいろなサイズが汎用品として販売されています。

カマボコ形とかいう商品です。

10mで5000円ぐらいだったかな?

10m買ってしまえば一生持ちますね・・・・・

私もまだ、1mも使ってません^^;;

扶桑ゴム

http://gomu.jp/

SJ20には謎の穴が沢山ありました。

使う予定の無いものや水抜き、自分で加工して開けたものなど・・・

よけいなものは、板金時に埋めたのですが、そのまま残ってる穴も何箇所かあります。

こんな場所とかにも穴があります。

カーステのスピーカーを付けていた穴です。

使う予定でしたが、使用しませんでした。

あと、ボンネット受けとかのゴムとかあります。
これらすべて汎用品を使いました。

ディーラで買ったら高いし、サイズとか部品番号とかよくわからないからです^^;;

商品名はプラグクッションゴム、グロメット、膜付きグロメットなどです。

これらの汎用品は普通、100個単位でしか手にはいませんが、私が発見したサイトでは、一個からでも通信販売で購入できます^^
使いそうな全てのサイズを大量に購入しました^^

一個、10円から40円ぐらい^^;

超安いですねー

上の画像みたいに大量に購入しても1000円しませんでした。

結局つかったのは数個なんですけどね^^;


モノタロウ

http://www.monotaro.com/


はっきりいって、送料の方がはるかに高い!

予備に一杯買った方が後々の為にになります。
次に、発電機の交換です。

SJ10,SJ20はジェネレータと呼ばれる発電機で、発電量が少ないのと、直流発電(古い発電方式)なので、低回転時に発電量が不足します。


信号待ちでライトが暗くなったり、ウィンカーつけるとライトが暗くなったり、明るくなったりします。

現在の発電機はオルタネータと呼ばれる交流発電機になります。

交流だと低回転でもちゃんと発電されてライトが暗くなったりしません^^

技術の進歩ですね^^

ちなみに、SJ20のノーマルだと35A(だったと思います。

これは、JA11のオルタネータですが、これは50A^^

電装系にいろいろなモノをつけても電力不足になることはありません^^

配線方法は下記のサイトをじっくり読んで配線してください。

JCJ湘南様のHPです。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/jcj-shonan/

ヨシズ様には頭があがりません。この場を借りて感謝します^^
見てのとおり、サイズまったく同じです。
(事前にJA11オルタネータをノギス使って測定しました。)

ベルトの長さ、遊び調整量などまったく問題ないです。

ただし、配線だけはJCJ湘南様を参考に改造してくださいね^^
仕入先は、ヤフーオークションです。たしか3000円ぐらい。

入札する前に、質問欄で『配線用のカプラーも一緒に購入したいのでありますか?』と入れて交渉しましょう^^

カプラーある所から買えば問題なし^^

正常に動いてるかどうかは、JCJ湘南様のHPにも記載がありますが、一般的な方法だとバッテリーの電圧をはかります。


エンジン停止時>> 12.7V

アイドリング時>>  13.5V

高速回転時>>>  14.0V

なら正常です^^
エンジンルームでキャブやアイドリング調整してるとメータがなくていろいろ不便です><

私は汎用タコメータにクリップ型バッテリー端子をつけて、コイルにつけるコードにワニ口クリップを付けたものを使用しています。

これを調整前に配線して、エンジンルームで調整を行ってます。

いちいち、運転席覗かなくていいので、作業効率UPです^^

これは以前 同志の8manoさんより頂いたものです。

感謝^^ !

これはかなり前に、解体屋で見つけた物です。
タダで貰ったと思います^^;

デンソーで出していた、古い型の汎用ヒーターユニットです
(デンソーからは現在でも汎用ヒーターユニットを販売してます)
どうやら色々と改造されてるみたいですけど、なんとか使えそうです。
これを助手席の下にはいるように、よけいな箇所カットします。

その後、1.6mm鉄板を溶接加工してつくりだした吹き出し口をつけてみます^^
改造が終わった汎用ユニット・・・・

網の部分から空気を吸って、上の噴出し口から前方に熱風がでるようになりました。

助手席に人が座った場合、足が強烈に熱くなると思うので、レバー操作で右側の口の方へ熱風がでるように改造しました。
こんな感じで固定しました^^
助手席の下に、この様に収まってます。

全く目立ちません^^
人が座ったときは、横から熱風がでるように、レバーで調整できます^^
ご覧の通り、ヒーターの存在は全くわかりません^^
使ったヒーターホースは3m・・・・・

純正ならかなりの値段+長さが足りないと思われます。

これは、汎用車用ヒーターホース

ネットでも買えます。

これも、汎用のホースクリップ。

通信販売でも格安で手にはりますが、近所にあった自動車部品販売店に直接買いにいきました。

汎用車用ヒーターホース 1m 500円

クリップ一個80円ぐらいだったと思います。


3m+クリップで 1800円ぐらいでした^^
エンジンルーム側のホース

純正ヒーターの片方をはずして間に割り込ませるだけです^^
ここでも汎用グロメットが大活躍^^

穴は、もともと開いていた穴を利用しました^^
車内はこんな感じですね。
助手席の下はこんな感じです。
汎用ビニールマットを引けばホースも全く目立ちません。

さて、取り付けて走ってみると、氷点下10度でもかなり熱くなりました。

これで、寒い車内とはおさらばです。幌車だから寒いとか全く関係ありません^^
オーバークールが心配でしたが、心配不要でした。氷点下10度でもちゃんと水温あがりました。

SJ20Vに乗ってるときから、冬は防寒服着ても寒いという呪縛からやっと開放されました。

ホースが目立ってもいいのなら、運転席の下にヒータをいれればより効果的です。(でも足が火傷するかです^^;)横向きにつければいいのかな?

さてヒータですが、私と同じモノは手に入らないです。
でも汎用品なら今でも手に入ります。

DENSO
http://www.denso.co.jp/ja/
(汎用ヒータで検索、DENSOのモノは楽天で手に入ります)

ジープセンター
http://jeep.shop-pro.jp/?pid=24311140
オプティマイエロートップ

これのすごい所は、日本規格のBサイズである事です^^

つまり、無加工でそのまま乗せる事が可能です。

サイズは80B24R

大型セダン用の容量ですね^^

常に一発始動です^^

お値段一万7千円 楽天で購入しました^^
こちらは、汎用強化アースキット。

ホームセンターの処分品で980円ぐらいで以前購入したものです。

体感なんてできないけど、まあ、気休めにつけてます^^;
車内が暖かくなりました。

鉄ドアのおかげで、かなり静かにもなりました。

そこで、在庫のカーステオを付けました。

ドアなし、ビキニトップ状態でつけた事ありましたが、カーステの音楽は全くきこえませんでした。(荷台に据え置き型スピーカー付けたんですけど、煩くて最大音量でもほとんど聞こえない><)

さて、今回は・・・・どうなる???
社外品の幌についてきた幌骨・・・・・

これに、ボルトを溶接しました。

そこにサテライト式スピーカーを設置したてみました^^
耳の真上ぐらいにスピーカーがあります^^

はい、はっきり言って凄い大音量で音楽が聴けるようになりました。

逆にエンジンの音が聞こえないぐらい^^;;

音量は控えめにしましょう^^;

クラクションなど聞こえなくて危険です。
スピーカー配線などはまとめて、配線保護チュープに通しました。

自動車用品のエーモン社が売っている太いサイズ(スパイラルじゃなくてジャバラの方です)をホームセンターで買ってきたら、メーターケーブルまですっぽり入りました^^

これで、配線は超すっきり^^

ビニールマットひいたら、全くめだちません^^
つぎにワイパー

これは、JA11用のワイパーアームです。

錆びまくってるので、2本で500円で買ってきました。

ヤフオク仕入れです。
これは、いままで使用していた、SJ20用ワイパーアームです。

先にUの字フックを付けるよなアタッチメントです。

これの欠点は、ガラスとの圧着力が落ちます。
また、ワイパー取り付け部がかなり前にでますので、ワイパーブレードが一番小さいモノを使っても、窓のゴム部分にかかってしまい、ブレードが変形してしまいます・・・・・

そこで・・・・・
JA11アームを曲がり部分でカットします。
後は純正のワイパーアームに溶接しておしまいです^^

溶接機とサンダーさえあれば、30分で完成です^^

長さは自分で測りながら最適なモノを作りましょう^^

これにより、私は運転席28cm助手席28cmのJA11ノーマルブレードのワイパーがつけられる様になりました^^

今までは、27CMでも助手席側 はみ出して変形してたんですけどね;;
ここまで、やったら、間欠ワイパーも欲しくなりますよね?

楽天で購入しました。

ミツバ製の間欠ワイパーキットです。

取り付けも超簡単。

ものすごく丁寧な、説明書がありますので何も迷うことはありませんでした。

ワイパースイッチの奥にみえる黒いボックスがコントロールユニットです。

全開は、今までのスイッチを使って行います。

間欠時のみ、このユニットでコントロールします^^

効果は絶大で、人間間欠ワイパーはもう、不要になります。

無段変則で自由自在に間欠できますよ^^

(スイッチ位置が、エイトならギリギリ付きましたが、ちょっと奥まっていて使いづらいですね。ネットで調べたら、みなさん、スイッチと本体を分離して設置してあるみたいです。私も春になったら本体改造してスイッチ位置をずらしてみようかな^^  グーグルでミツバ 間欠ワイパーで検索入れればいくらでも情報拾えますよ^^)