SJ20に装着されいていたブレーキマスターシリンダーです。

車内側のゴム部分より若干のフールド漏れを起こして、塗装を腐食していました。

部品取車から取った、程度の良さそうなマスターシリンダーもあったのですが、30年近く経っているので内部がどのようになっているか知りたくであえて、オーバーホールしてみました。
マスターシリンダーOHキットとタンクからのホース^^;

ホース50CMぐらいの長いやつから切って使うらしい・・・・

使う部分て5cmぐらいしか使わないので、これ使い切るのは何十年かかる事やら・・・・

シリンダーオーバーホールキット、ちゃんと純正ででました。
ホースもちゃんと出ました。双方、部品番号が統合されて変わったらしい・・・・
お値段は、ホース800円、マスターシリンダーOHキット3650円でした。

某オークションにも、OHキットでてますけど、4000円以上で販売してますねぇ^^;

ちょっと利益乗せすぎなんじゃないの^^;かなw

キットの内容、特に問題ありません

ほしい部品すべて入ってました^^
オイル漏れを起こしていた、マスターシリンダーを分解してみました。

内部に入っていたゴム部品は硬化してプラスチックの様になっていた・・・・・

これまたゴム部品だが、裂けている物の2個ほどあり、よくこれでブレーキが利いていた変な意味ですが関心しました。

知らぬが仏とは、まさにこの事です。

ほんとうに、内部は酷いの一言、部品取から取ったマスターシリンダーを使わなくて本当によかったです。

ブレーキシリンダーをOHした事のない方は、なさったほうが身の為ですよ^^;
部品同士固着してるし、この部分のゴム部品縦に亀裂はいっていました。

ブレーキの利きが悪く感じたのは、これが原因だったのかもしれません・・・・

ただ、整備した事の無い方がOHするのは、絶対にしない方がいいと思います。

すなおに、ディーラーや整備工場でOHしてもらいましょう。

なぜなら、すべての部品が頑固に固着していてこれを舐めずに分解するのは、コツとテクニックが必要だからです。

素人がやると間違いなくボルト類舐めてしまうと思います^^;
(管理人も素人ですが、舐めずに分解できました)

パーツ洗浄液の浸しておいてから、メンボウやらダンボールやらで内部の汚れをふき取りました。

結構綺麗になりましたよ^^

このホースバンドですが、ボルトがサビまくっているので、外すのは不可能。

他のパーツを痛めないように、超薄刃のサンダーでボルト中央を切断しました。
こちらも、洗浄液やパーツクリーナで磨きこみ、最後には水洗い+極細の針金で穴が通っている事を確認して乾燥させました^^
後は、新品パーツを組み込んで完成です。

ホースバントのボルトは新品のステンレスボルトを使いました。

金属でもないし、他の部品と接触しないから電気腐食が起きないからです。(でも、ちょっとボルトが長すぎました><)