こちらは、やっと下地のやり直しが終わった運転席側です。

残っていた古い塗装を剥がせるだけ剥がしました。

同時に、錆び落としと防錆も終わらせております。

少しづつ作業しても、かなりの時間が必要でした。

もう、親指の皮が剥けてきたりで・・・・・><

でも、やっと?ボディーも峠越えができて、完成が見えてきました。
目に付く部分は、フラット化しております。

他の部分は・・・・??

基本的に昔のスポット跡とか、若干の歪み等はそのまま残してあります。
ダッシュ?部分、ラジオ穴等の歪みが許せなかったので、完全なフラット仕上げになっております。

純正ラジオがついていたセンター部分は、このまま塗装し、穴等は空けるつもりはありません。

ブレーキ警告等は右側に移動させます。

(メッキのメーター等センターに埋め込みたい気もしますが、ここは当分フラットのままで行こうと思います^^)
リアの部分、下地調整していたら、奇妙な事に気が付きました・・・

この部分、かなりのパテがもってあるんのです。

どうやら、その昔、ぶつけて凹めたみたいなんです・・・
塗装下はこんな感じでサビが発生していました。

どんどん剥がしましょう・・・・
結局この部分殆どの箇所を剥がしました。

まだ、凹んでいるのですが、結局裏から叩く事ができずじまい(フレームが邪魔)

仕方がないので、錆びとめ処理後、パテで修正します。

フェンダーの付け根もコーキングをはがしてみました。

奇跡的にサビが全くありません^^

平日の夜は空き部屋で作業しております。

こちらは、窓枠です。

一見極上に見えた窓枠ですが、塗装を剥がせば剥がすほどボロがでてきます。

ここなんて、穴が開いてしまいました。

上塗りしてあった塗装をどんどん剥がします。

足付けされてないので^^;ペキペキ剥がれてきます。

とても、プロが塗ったとは思えない仕事ぶりですねー
こんな感じでノンビリ作業しております。

一日一時間ぐらいの作業だと、後、一週間ぐらいかかりそうですね^^;