ボディーのベースをSJ20Vに決定した矢先のできごと・・・・・・

仕事で北海道の僻地まで行った時に、山奥でジムニーを数台放置してあるのを偶然発見!

貴重なボンネットトラックまである。
ご主人は旧車集めが趣味なんだろうか!?

色々な考えが頭をよぎったが、仕事中でもあったのでチラ見程度でその場を走り去った・・・
改めて本日、その土地に出向きオーナさんとお話する事ができた。

置いてあったジムニーは JA11V、JA71V、SJ30V二台、SJ10幌、SJ10Vである。

程度は・・・ どれも程度はよくない。だって 放置車両だもん^^;

でも喉から手が出るほど欲しい、SJ10F(程度は下の中ぐらい)があった。
『もし、よかったら、この幌ジムニーに譲ってくれませんか?』

『う〜んいくらで買います?』

『一万円(心の中では高いと思ったが)でどうでしょうか?』

『ああ、それならいいよ!』

と言う訳で、SJ10Fを丸ごと買うことにした。サイドシルが一部つぶれ、幌も潰れている、おまけにフロアーにサビで穴が開いている。

これはベースには無理か!?

とりあえず、もち帰ってSJ20Fの再生に利用する事を決定!
帰りる時オーナ氏から提案が!

『よかったら、ほかのジムニーもやるよ』
『いくらでですか?』
『タダでいいよ^^』
『おお〜 神様ですか@@』

と言う訳で他のジムニーの好きなの持っていっていい事になった^^;

さすがに置き場所ないので、もっては来れないだろうが^^;
凄く悩んだ! ボディーのベースをバンにするか幌にするか・・・・・・・
悩み抜いて、浜野氏に相談したり、何度も見比べたりしたが、やはり 腐っても幌!

幌をベースにすることに決定!最大の理由はバンと幌のパネルがかなりの部分で違いがあったことなど・・・ それを改造するには膨大な手間がかかるはず・・・・

そうと決まれば、まず手始めに車の清掃!
何用か判らないシートがなんと溶接で固定されている・・・
これでは、腐ったシートが外せない><
仕方が無いので、秘密兵器のガス切断機(ガス先を換えればガス溶接機にもなる)登場!

画像には出てないが、この他にレギュレータ、酸素ボンベ、アセチレンガスなど用意します。
(ガラス屋は鉄工所勤務なので、仕事で使用している物をそのまま借りてきました)

余計なイスの足をガス切断していきます。
一番の難題は左助手席ドア付近の激突あと・・・・
くの字に曲がって、内側に食い込んでます。

また、サビ穴も酷い・・・・・・
ドアのヒンジ部分のリブまでも、内側に食い込んでる・・・・・・
さて、どうしたものか・・・・・・・