もう一方のバルブロッカーシャフトを外してから、カムシャフトを摘出します。

本来であれば、精密定盤の上にVブロック乗っけて、マイクロメーターでカムシャフトのブレを計ります。

そうすれば、摩耗限界にあるのか、カムシャフトにブレがあるのかわかるのですが、残念ながら管理人は、Vブロックとマイクロメーター(何種類かは持ってる)がありませんので、測定はできません。

ただ、今回はチューニングする訳でもなんでもなく、ヘッド内部のカーボン除去とバブルステムシール交換、シール、ガスケットの交換に留めますので、再利用します。

まあ、本当にチューニングなどを考えるのであれば、是非そろえて置きたい器具なんですけどね><

なにせ・・・予算が・・・・ない

せめて、バルブガイド打ち換えぐらいやりたかったのですが、0円号にはそんな予算かけれません^^;
計測器具はないので、できる検査は目視と実際に触ってみる検査だけです。

仕事で鉄骨の検査やってますけど、目視検査は基本中の基本です。

おかしいと思ったら、測定できないので、新品か中古に換えるしかありません。

が、妙な段付や、片ヘリなどないし、なにより、普通に動いていたエンジンですので、再利用決定です^^^
さて、バルブスプリングは・・・・・専用工具がないと外せません^^;

いやw再利用しないのであれば、ソケットレンチを当てて、ガコガコぶん殴れば外れることは外れるのですが・・・・

とにかく、専用工具がないw どうしましょう^^;
ワッシャーと6mm鉄板の端材・・・・・

ゴミ箱から拾ってきたw
適当に溶接^^;
適当に要らなくなったクランプに点付け

殴れば外れる程度につけておきます^^:;
出来上がった、バルブ・スプリングコンプレッサーをセット^^

ぐりぐり締め付けます^^
ただで作った工具でもちゃっと外せました^^;

この状態で、コッターピンを、ビンセットで外します。

そうすると、バルブ周りがバラバラになります。

ばらしたら、ちゃっと、元の位置がわかるように、ケースにいれて分別しましょう^^
バルブを止めていた、コッターピン^^
取り外された、バルブ
バルブガイドの上に圧入されている、バルブステムシール。

ゴムでできていて、ここから、オイルが漏れてオイルが減っていると予想。

すごく硬くなっていて、ゴムというより、金属みたい^^;;

まあ、19年もよくがんばった^^

こころおきなくゴミ箱へ行くんだよ〜
摘出した、バルブステムシールと、カムシャフトのオイルシール

なんか、カムシャフトのシール・・・・妙に新しいんですけど^^;;

どなたか、19年の内に一回ぐらい交換なさいましたか??
バルブガイド上端部。 ここにバルブステムシールが付いていたんです^^
内側。

洗浄液に付けて置いたぐらいでは、全然落ちないなあ^^;

やはり、軽油を洗浄液にしていては、頑固な汚れはムリか・・・
卓上ボール盤にバルブを咥えさせ、回転させる。

ロクロのようにね^^
こんな感じです^^

これに、耐水ペーパーをあてて、汚れをおとします。

間違っても、綺麗なシャフト部分とカサのバルブフェイスには、ペーパーを当てないようにしましょう。

そこが削れると、大幅な修正が必要になちゃいますので^^;
IN側のバルブですが、まあ、まあ、綺麗になりました。

OUT側は全然^^;

もっと目の粗い紙やすりでやるしかないのかな・・・

あんまりやると、重量が変ってきそうで・・・・
アストロプロダクツで購入したメタルクリーン。1400円ぐらい?

本当は、もっと安い、サイエンスK1 を買おうと思ってただけど、店員がこっちの方が凄く落ちるよ〜って^^;

笑顔で言うものだからwww

営業トークに負けました^^;
ついでないので、バルブすり合わせに使う光明丹も購入。
安物のタコ坊w

2缶合わさった、バルブ用コンパウンド。

上面が荒、下面が細 だそうです^^

ガスケットの除去につかってる、オイルストーン。

あんまりこすると平面が狂うので、ほどほどに^^;

仕上げは、ガラス屋特性の定盤で仕上げる予定。
で工具入れに使っていた、ケースにお湯10リットル入れます。

20リットルで一袋なので、10リットルで、半箱いれてみました。
メタルクリーン入れて棒でかき混ぜます^^

なんか、頼りない泡立ち・・・・・

こんなので、本当に綺麗になるのかな^^;?

ならなかったら、あの営業マンに一言いってやるw

サイエンスK1にすればよかったとW
錆びないように12時間以上浸さない事と書いてあるが、あえて無視!

気の済むまで浸しておきます。
バルブ類も、同じ液体に浸しときます。

さてどうなるやら^^;