運転しようと思い何気なくメーターを見ていたら、何がちょっと違和感が・・・・・・・

シートベルトしていないのに、シートベル警告灯が付かないのです。

ブルーのLED化してあるので、LEDが切れたのか?程度にしか考えてませんでした。

走行には、全く問題がないし。点灯しなくても、ちゃんとシートベルトつけているし。

ただ・・・・・ このシートベルト警告灯が点かないと車検に通らないとネットで発見。

認定中古車だし、面倒なので、ディーラーで交換してもらおうと考えディーラー(例の不祥事で超暇してるらしい)に電話しました。

「球を自分で交換したり、パネルを触ってる場合は保証対象外になります。」だそうです>< それぐらい、サービスしてくれるのかと思ったら、予想外の回答でした。

まぁ、冷静になって考えると当たり前なのかなと思いつつ、自分で交換することになりました;;

メーター外すのに、5分(今まで、何十回も取り外したり、付けたりしてるので)取り付けに5分ぐらいなので、ディーラー持っていくより自分でやって正解だなーって、思っていたところ!

なんと、LED球は切れていない???(別の個所と取り換えて実験したら、ちゃんと点灯) 

これは・・・・

さては、シート下の、ベルトへ続くカプラーだなと勝手に予想。
この2線を短絡させると、シートベルト警告灯が光るはず!

クリップを使って短絡させるも不点灯・・・・・はぁ〜 もしかして重症?
ジャーン 以前ヤフオクで買った ランエボZ のメーターです。

たしかかなり激安で買ったはず。 ワゴンのメーターを改造中に付けてたものです。

本来なら、これが青LED化できれば ワゴンメーターの改造もする必要がなかったのですが・・・・・

画像は、サイバースコープ製のカーボン風シールを貼ってあります。

とりあえず、メーターの故障なら、これと取り換えれば、シートベルト警告灯が点くはず!

しかし交換しても、点灯しません。 

はぁ〜 ハーネス配線が切れてるのか??

球やメーターじゃないので、配線図とテスターでハーネスの確認を開始します。


じゃーん、ランエボワゴン配線図。

以前、八幡屋(三菱部品の通信販売店)から購入したものです。

ヤフオクで1万円ぐらいで販売してるやつと一緒です。

購入金額が1980円ぐらいだったような。

まあ、2千円程度で新品が手に入ります。

調べもしないで、ヤフオクで購入してる人が一杯居たりしますが・・・・

配線図を見ると、白の9番から電気が入ってきて、LED球を通過して、青の5番からシートベルトのスイッチへ電気が行くことになってました。

シートベルトをすれば、スイッチが切れて消灯。

してなければ、ずっと付きっぱなしという単純な構造です。

青5番からシートベルトへ通電するかテストしてみます。

無事通電??

LED球OK、メーターOK、メインハーネスOKです???シート下で直結(スイッチが入りっぱなしになる)してるので、シートベルトスイッチも関係なし・・・・・・

部品単位で見れば、すべてOK(故障無し)という事になります???

そこで、ハッとひらめいたのが、接触不良!

KUREの接点復活スプレーを使ってみます。

メーターの接続カプラー、LED球、シート下のカプラー、にスプレーして見たところ、無事復活しました^^
無事、点灯したシートベルト警告灯。

原因は接触不良。

どこが接触不良だったのか?はっきりはしないが、メーター裏の青カプラーが一番怪しいかったです。

理由として、何度も外したり付けたりするときに、結構固かったので、シリコーンスプレーをカプラーに吹き付けたりしました。

スプレーが接点にも付着して接触不良を起こしたのかな?? とも思います。

シート下の、カプラーも怪しかったのですが、直結してもシートベルト警告灯が点かなかったので、やはり、青カプラーの接触不良が一番濃厚な線だったと思います。(メーター取り換えても付かなかったので^^;正直どこが接触不良だったのかは判りませんが)

とにかく、直ってから正常に警告灯が機能していますので、ヨシ!としましょう。

これで、車検も安心^^

久しぶりに引っ張り出した、ランエボZホワイトメーター

ランエボワゴンに、そのまま装着可能でちゃんと機能します。

交換す場合は、ヤフオクなどで、走行距離を合わせてくれる業者などいますので、走行距離をちゃんと合わせましょう。
(そうしないと、メーター交換車になって、査定に影響したりするし、総走行距離が自分自身判らなくなります)

青LED化は終わっているのですが、折角引っ張りだしたので、もう一度検証。

まず、カーボン化前の画像。

一見すると、青LED化可能っぽいです。
試しに、白LED懐中電灯を使って実験します。

電球を抜いて、裏から懐中電灯で照らしてみます。

真ん中オレンジ色

つまり、青LED入れたらこのままでは、混ざった色になります。
文字盤などは、白色。

その他、PRNDなども、色が入っています。

透明な部分は、青LED球を入れれば青色化できますが、文字や中央部分などはそのままでは、混ざった色になってしまいます。

この画像は、ランエボZホワイトメーターのLED球だけを変えた場合です。

中心部分がオレンジと青が混ざって 紫になってますが、その他のホワイト部分は青色になっております。

部分部分に紫色が出ています。

画像はMTですが、ATだと さらに PRNDなども色が入ってますので、紫が多くなってしまいます。



この画像は、ランエボZホワイトメーターを青LED化したもです。

球交換とパネルをバラシして加工したみたいです。

文字が所々、薄かったり濃かったりして若干ムラがあるように見えます。

やはり、ホワイトメーターでも、改造しなければ、全青LED化はできないです。

メーターバラバラにするのって^^;予備がないと勇気がいりますよね。

壊れると車走らせなくなるし。

この画像は、ランエボワゴンなどのオレンジメーターです。

球だけ青LED入れてますが・・・・・・

暗い+パネルがオレンジなので、混ざったムラのある色になります。

私のメーターはメーター加工業者に頼んで、パネルから作り出してもらって、更に暗くならないよに、LEDの数を増量してあるのです。
これが、私のメーター

昼間でも、この輝き^^

予備のメーターバラバラにして、予備も完全な青LEDしてみようかなー

でも、バラバラにするには、針を外さないとだめだしなー

予備といえでも、結構度胸がいる作業になります。
  こちらが、私が依頼した LEDメーターサービス プロの作品です。

300km化して、更に青LEDとなっております。

300kmメーターって ラリーアートのホワイトメータが以前売ってましたが、絶版+10万円もしました。

加工だけなら、3万でやってくれる@@ やってもらおうかな^^;

LED化も ただ球を変えるだけではなく、発色が弱い場所にLEDを追加してますので、ムラなどなく綺麗に発色されます。

更に、オレンジ色のパネルも、作り直して文字が白になっています。


  メーター加工のプロの作品なので、ただただ美しい。

おまけに、フルスケールの300kmに加工してくれるし。

私の場合 240kmで 十分かも^^;(ノーマルなので、おまけに、リミッター解除してないし)
  タコメーターも抜かりない。
  後ろがオレンジメーターの加工前

前がブル―化メーター 加工後

  このメーターが気になる新作・・・・・

フルスケール化してさらに、オリジナルのメーターパネルに変更されてる。
  こ、これは・・・・・・

もしかして凄くカッコいいのでは。

  いやー素晴らしいですね。
  300kmのフルスケール・・・・・
  タコメーターも新デザイン
  オートマシフトも斬新!

予備のメーター送って^^; 作ってもらおうか 悩んでみます。

基本料金がメーター送って4万円で、その他オプションで液晶照明などの色変えも可能だそうです。

オールブルー化で4万5千円ぐらいになるのかーどうしよう^^;