3./27  夏タイヤに交換。

北海道は、まだ寒く道路以外では、雪が残っています。

ただ、道路は完全に雪がなくなりましたので、雪が降ったりしなければ、
夏タイヤでも、特に問題がなさそうです。

今週にちょっとだけ、長距離を走るので、早めでしたが交換します。

交換するに当たって、タイヤを新調しました。

ブリジストン ポテンザ S001 です。

235/45/R17 純正ホイールなので、純正サイズそのものです。

1本の価格が2万4千円(税、送料込み)

4本で約10万

組み換え、バランス取り、古タイヤ破棄が 1本2000円

4本で約8000円 ぐらいでした。

合計で10,8000円ぐらいかな

個人的には、物凄く安く感じますが^^; 

どうなんでしょうね。
交換に使用した電動インパクトレンチ タイヤ交換する分には、全く問題のない性能です。200Nmの能力があります。

エアーインパクトの方が力はありますが、100V小型コンプレッサーしか持ってないで、たぶん、エアーが足りなくなると思うので、電動を使用してます。

このインパクトで緩まなかったナットはありません。

ちなみに、インパクトは、緩める時にしか使いません。

 十字レンチとトルクレンチ

上記のインパクトでタイヤを外した後、夏タイヤを装着してナットを手でつけます。

その後、十字レンチでクルクル回して、均等にある程度締めた後に、トルクレンチで規定締め付けトルクまで締めてつけます。

もちろん、☆型に順番に締め付けます。
近所の車屋で組んで貰ったタイヤ。

装着後に、空気圧を調整します。

ドアにシールが張ってありますので、その指示通りピッタリ合わせます。

前後で空気圧が違うので、入れすぎの場合は、エアーを抜いて、とにかく、メーカー指定に忠実に合わせます。

家に100Vコンプレッサーあるので、空気圧見るのも、10分あればできるので、わざと多く入れたりとかしません。

後は、一月に一回とか、遠出する前に空気圧確認するとかすればOK^^

折角タイヤ交換しても、空気圧が合ってなかったら、片べりやパンク、パーストの危険もあるので、交換したら必ず確認しましょう。
(経験から言うと、一冬置いた夏タイヤは50kpaぐらいは下がってます)
家で使ってる100Vコンプレッサー

エアー圧とホコリ飛ばしに使用してます。
(ついでに、エアクリーナーも清掃しました)

簡単に持ち運びできる大きさのを買ったので、家の中に持ち込んで掃除やパソコン内部のゴミ飛ばし、掃除機のメンテナンスにと大活躍です^^ 

巨大な100Vコンプレッサーじゃなくて本当に正解。

たぶん、巨大な100Vコンプレッサーを買っても、本格的にエアツール使うならエアーが足りなくなって、コンプレッサー廻りっぱなしになるし、3相200V用のコンプッサーなら、家に中にもってこれないしね。

(家の車庫は隣の工場から3相200Vを引くことが可能だったりします^^;)

交換後1000kmほど走行しました。

感想は、「タイヤに接着剤を塗ってるんじゃないか」というぐらい、地面に喰いつきます。

ロードノイズはそこそこありますが、一般走行でも苦になることは無いレベルだと思います。(比べてるのが、6年以上履いたファミリータイヤなので^^;)

とにかく、性能に関する不満が全くないタイヤです。