メーター類のブルー化が終わり、なんとなくだが、エアコンのオレンジが気になりだしました^^;

ネットで調べると、M型とか呼ばれている電球ランプ4個をLEDに変えればとりあえず完成します。

試しに、ヤフオクで激安のM型の青LEDを購入して交換してみました。

エアコンパネルを外すには、まず、2個のネジを外してカバーをシフト側へ引っ張るとカバーがはずれ、後はネジ4本を緩めれば簡単に取り外しができます。

慣れれば、5分以内でエアコンユニットを外すことができます。

外したコネクターのプラ部分にシリコンスプレーなど吹いておくと、次回からコネクターが外しやすくなります。

写真は、外したエアコンパネルを分解したものです。

パネルの3つのボタンは、差し込んであるだけなので、手前に引っ張ると外れます。

ドライバー1本で画像の状態まで分解できます。

ブルーのキャップが付いてるのが純正電球ランプです。通電させるとオレンジ色です。(電球の球自体がオレンジっぽい光になる為)

さて、4個の純正電球ランプをLEDを換えただけのブルー化では、最大の欠点があります。

それは・・・・・

エアコンの雪印マークと、内部循環、熱線マーク?の3つがオレンジ色のままなんです。
  俗にいう砲弾型の5mmLEDランプが、ハンダ付けされております・・・・・

内部循環と、熱線マークは、3mmLEDがハンダ付けされております。

つまり、砲弾型5mmLEDが2個

砲弾型3mmLEDが2個の4個です。

 
  楽天で、砲弾型5mmLED青 と 砲弾型3mmLED青を購入しました。

1個16円 と 18円ぐらいだったはず。

20円までいきません。

送料の方が全然高いです><

よって、いらないんだけど、20個ぐらいまとめ買いしました^^;

 
  LEDには、+−があるので、外す時に方向を覚えて置きましょう。

LEDの中をのぞいて、同じ形になるようにセットすればOKです。

規格品なので、そのまま使用できました^^
 
  愛用の半田ごて・・・・・

ハンダ作業は、慣れなければ大変かも・・・・・

アドバイスを言うなら、取り外す時に、ハンダを吸う専用の平線?みたいのが売っています。

あれが最強です。スポイトタイプなんかより全然ハンダを吸えます^^

300円ぐらいかな〜

あとは、付ける時のハンダもプリント基板用を使用しましょう。 融点が低いので下手な熱を加えなくてもあっという間に溶かせます。

又、フラックスも必ず使用しましょう^^

心配な人は、ヤフオクでエアコンパネルを購入するのが良いかもしれません。

1個2000円ぐらいでゴロゴロ売ってますー
  いきなり完成状態です。

ここまでは、M形LED 4個変えただけでできます。

ただ、雪印マークと、熱線、内部循環がオレンジのままになります・・・・
  ピント合ってませんが^^;

砲弾型LED打ち換えると、こんな感じに発色します。

完全なブルーです。
 
  ライトを付けるとこんな感じです。

 
  ちょっと暗くなってから点けてみました。
 
  これで、青LED化は終了です^^