購入当時からの悩みの種・・・・・・

ブレンボのクリアーハゲ・・・・・

ランエボの持病?の一つで、皆さんもクリアー剥げて見栄えが悪くなってるみたいです。

画像は、リア側
  フロント側、クリアーハゲ+ブレンボ文字が思い切り黄ばんでいます。

見かけは最悪><

皆さんのブログを読むと、クリアーを剥がして、再度クリアーを塗装を行っていました。

で、私もそれにチャレンジする事にします。

  角の色落ちは、タッチペンで赤を塗ります。

そこは特に問題ない。

問題は、文字の黄ばみ。

文字を消さないように、慎重に紙やすりで黄ばみを取ります。

が!!!!

文字が!!!!!!

消えました><

   中途半端なので、文字を諦めてすべて綺麗にします。
  紙やすりを240>400>600>800 と掛け終わった所です。

さてどうしたものか・・・・・・
 
  黄ばんだ文字は、直らないと思っていたので、実は^^最初からステッカーを用意しておいたんです。

ヤフオクで見つけた、耐熱ステッカーです。

クリアー塗装をして保護するのを推奨との事でした。
  通販で買った、耐熱スプレーのクリアー

時間と予算があるならば、耐熱スプレーの赤も塗れば完璧だと思います。

赤塗装 > ステッカー張り > クリアー塗装

が理想ですね。

私は、 ステッカー張り > クリアー塗装 で仕上げました。

他の方のブログでも書いてありましたが、この塗料・・・・・・

乾きが恐ろしく遅いです。

たぶん、耐熱なので、熱が加われば完全に硬化するとおもうのですが、街乗り程度では、キャリパーそんなに熱くなりません><

塗装後は、触らないでほうっておきましょう。

気が付けば硬化してると思われます。

よって、耐熱クリアーではなく、ラッカースプレーでも問題ないような気がします。

他の方も、ラッカースプレーを使用してる人が何名もいましたから。
 
  マスキングは、要らなくなったTシャツなどをブレーキにかぶせて、パッド部分にガムテープを張って養生しました。

ステッカーを貼って、クリアー塗装が終わったキャリパー

美しい・・・・・^^
 
   この画像は、塗装前><のフロントキャリパー
  完成した、リアキャリパー

綺麗にできました。

塗装のハゲや、黒ずんでいる細部などはどうしようもなかったです。
(パーツクリーナー、ラッカーシンナーである程度は除去できましたが)

ハゲ部分は、赤のタッチペンを使用しましたが、塗料の隠ぺい力が弱いので、下地がスケスケです><

時間に余裕があって、完璧を求めるなら、耐熱レッドを塗るのをお勧めします。

今回やった補修だけでも、かなり綺麗に見えます。

準備さえしっかりしてれば、一箇所1時間ぐらいでしょうかね。

塗装後は、すぐにホイールを履かせて、次のキャリパーへ移動しながらの作業でした。

クリアー塗装も垂れない寸前でやめて、後は放置しておしまいです。

乾くのをまって、再度厚塗りとか全くしてません^^;

   こちらは、塗装前のリアキャリパー><