前回よりの続き

どうしても、アンバー色が嫌いな私は何としてもブルー化しなければなりません。

前回は、サイバーストーク製のメーターフィルムでチャレンジしましたが、ライトを付けるとアンバー色になりアウトでした。

もう、パネル交換しか方法はないのですが、いかんせん、MT用ばかりでAT用はマイナーなのか、製品自体ありません。

また、パネル交換となると、メーターの針を外さなければなりません。失敗すると誤差が出たり、針が曲がったりしてメーター自体がジャンク品になる可能性もあります。おまけに、試行錯誤を繰り返す度にお金がどんどんかかります。

なにか、いい部品はないかとヤフオクで、パーツを検索していたら、偶然、『LEDメーターサービス』なる会社を発見!!

そこに出ていた、ランエボ用のLED化されたメーターの美しさ・・・・・・

本当に、美しい・・・・・・綺麗過ぎます!

電球をLEDに交換するのではなく、メーターを改造して、パネルの真下にLEDを並べて光らせる方法と書いてありました。

又、メーターパネルも作成可能との事!

早速、今、付いているメーターを外して改造を依頼しました。

事前にメールで仕様を打ち合わせました。

パネルの製作、電源が入った状態でできるだけブルー化にしてもらう事と伝えました。

送ってからも、何度か質問などが来て(警告等の色など)さらに、仕様を煮詰めました^^

待つこと約1週間、送ったメーターが手元のに戻ってきました^^

早速装着した画像がこれ。

エンジンを切ってある状態です。

ランエボワゴンは、エンジンかかると、昼間でもメーターは付きっぱなしになります^^;(純正でそうなんです。)
  夜に撮った画像。

デジカメの性能のせいで、上手く撮れませんでしたが、こんな感じです。

出来に関しては、全く問題ありません。

累積メーターや、PRND,など、ことごとくブルー化してもらいました^^
 
  今度は、真昼間に撮った画像です。

ムラもなく素晴らしい^^

  6連メーターと並べて撮りました。

こんな感じで光ってます。

大変満足^^

画像では、6連メーターと同じ色に写ってますが、実際は、若干、色合いが違います。
   ドライブ先で撮影した画像。

   逆の角度から。
   真正面から^^