整備内容 ミッションオイル交換
対応車種 殆どのジムニー
情報提供者 ガラス屋、JCJ東京支部 野村氏
整備時間 20分ぐらい?
難易度 ★★
必要な工具 オイル受け、オイル注入機、メガネレンチ、六角レンチ
症状:定期的にミッションオイルを交換する事によって、故障の予防になる


今回使用したオイル注入機とオイル受け

オイル注入機は、ストレート工具で1000円ぐらい
だったと思います。

注射器を巨大にしたものですね(汗)

SJ10のミッションです。

車上だと見づらいので、車から降ろした画像で紹介します。

まず、車の下にもぐり、丸の部分のボルトを外し、ミッションオイルを抜きます。

SJ10、20の場合ボルトの頭は四角になってますが、17mm(だったと思います)のメガネがぴったり合いゆるめる事ができます。

又、SJ10-1型の場合14mmとの情報もありますので自分のクルマに合うレンチの用意が必要になります
次に、ミッションの横にあるボルトを外し、そこから、オイル注入機でミッションオイルを注入します。

オイルの量は、丸の穴から溢れたらOKです。

溢れるのが、止まったら、ボルトをして終了。

後は、オイルの漏れがないか点検して終りです。
こちらは、SJ30以降型のミッションです。

交換方法は、SJ10となんら変わりません。

ボルトは六角型にかわってます。

抜く前に、六角レンチが合うかどうか確認してから作業しましょう。
SJ30以降型のミッションを横から見た画像です。
注入口も六角レンチです。
また、また、SJ10のミッションに戻りますが、このSJ10のミッション気をつけなければならない点が左の『プラグ』と呼ばれているものです。

ゴムでできてるのですが、劣化(10年以上経つと)してぼろぼろになってきます。

私が下ろしたSJ10型ミッションは3個あったのですが、すべて、このプラグがボロボロに劣化していて、ミッションオイルが漏れていました。

クラッチなどを交換するときは、是非確認してみてください。
愛用のオイルです。

量販店にて、4L 1580円にて購入。

自分の乗っているジムニーに合ったオイルを用意しましょう。

ジムニーの型式によって使用オイルが代わります。
GL-4 85W−90でした。