整備内容 タイヤの空気圧調整
対応車種 ほとんどのジムニー
情報提供者 ガラス屋
整備時間 5分ぐらい
難易度
必要な工具 空気圧計、空気入れ
タイヤの空気圧が減ると、タイヤの異常磨耗やバーストの恐れがあります。又、燃費、乗り心地にも影響があります。


タイヤのバルブはここにあります。
空気圧は運転席のドアを空けた所にシールが貼ってあります。

古いジムニーは運転席ドア付け根の近くに貼ってありますが、30以降では、ドアノブの近くに貼ってあります。

自分のジムニーの空気圧を確認してください。

バルブのキャップを外した所。
空気圧のチェックは、空気圧計をバルブに押し付けて計ります。

空気圧計はカー用品店で、700円〜売っています。
空気圧が足りない場合は、エアポンブで空気を入れます。

カー用品店にいけば、2000円ぐらいで購入できます。

電動式が楽でいいです。

操作方法は、各エアポンプで違うので、説明書をよく読みましょう。
もし、入れすぎてしまったら、バルブの中心をドライバーなどで押して、空気圧を調整します。

空気圧計で計って規定の空気圧になっていたらOKです。

後はキャップをして終了です。