電気ポット

コーヒー専門ケトルとか、ドリップポットとか言うのでしょうかね?

中に水をいれて、台座部分のスイッチを入れると、お湯が沸騰します。

入れるお湯の量にもよりますがよりますが、2,3分で沸騰します。

淹れる直前にお湯を沸かしております。

これには、理由があって一日中沸騰させてある煮詰まったお湯だと炭酸ガスが抜けているそうです。

炭酸ガスが多く含まれている方がコーヒー美味しくなるとの事なので、毎回、その都度沸かしております。

温度計

特に拘りがなかったので、通信販売で目ぼしい物を購入しました。

湯温が85-90度になるように調整するのに使用してます。

湯温が高い場合は、ちょっとだけ水を混ぜて、適正な湯温度になるようしております。



入れる湯温

入れるお湯の量

コーヒー豆の挽き方

コーヒー豆の量

蒸らし時間

紹介した機器を使えば誰でも『毎回全く同じ』にすることができます。

逆になければ、毎回、違うので適当になります。

適当なので、適当なコーヒーにしかなりません。

美味しかった理由も、まずかった理由も分かりません。適当なので。

毎回、安定して淹れる事ができて、初めて、コーヒー豆の評価ができると思っております。