整備内容 キャブのジェット清掃
対応車種 キャブ車のジムニー
情報提供者 Mr.30氏
整備時間
難易度 ★★
必要な工具 不明
SJ30のキャブを何度もOHしたのですが、アイドリング不調が一向に改善されませんでした・・・・・
あるメカニックに相談した所、『ジェト類の長年の汚れはケミカルだけでは落ちない場合が多い』そうです。そこで今回の方法で清掃したところ、今までの不調が嘘のよう!驚きです!!

管理人談>
よく、オールドタイマー誌、モトメンテ誌などでキャブ専門業者がピン?などを使ってジェットの清掃を行なっている写真をみて『キズついたら大変!』と思ってまねできませんでした。なるほど、Mr.30氏の話を聞いて長年の疑問が解けたような気がしました。さすがプロですね^^

細い針金が今回のミソ100均で入手しましょう。

ここがパイロットジェット、通常スロージェットとよばれるみたいです。
マイナスドライバーで簡単にはずせる。

分解しなくて済むのがらくちん!
パイロットジェット本体です。

デリケートなので大切に扱う。
まちがっても曲げたりしない。(しないか)
細い針金でグリグリやる。
スプレーでとれない詰まりもあるのでこれでやるのがミソ

!!やりすぎてキズつけないように!!

(正確に覚えてないけど0.4mmでったような???)
清掃後、パーツクリーナーで一気にゴミをとばす。
終わったらもとにもどす

強く締め込まない。壊れます! 完了!