整備内容 エンジンの一部OH
対応車種 LJ50(2スト)
情報提供者 やすぼ氏
整備時間 不明
難易度 ★★★★
必要な工具 不明
昨日30のエンジンを一部OHしました。手元に来たときにプラグコードが駄目で1本死んでいて、直したがリング音がしてパワーがなくスペアで取ってあったエンジンを開けてみたところ、まだシリンダーには傷も少なくリング交換で息を吹き返しそうだったのでやってみました。主たる原因はピストンのリング溝にカーボンが固着していたためと思われます。ガッチリ付いたカーボンを除去し、新しいリングとパッキンを使って組みなおし、ちょっと化粧直しをしました。


@分解   

 シリンダーを引き上げピストが出てきました。ガスケットの除去が大変です。

クランクケースに入らないようにしないと。
Aシリンダー 

内部に傷もなくホーニングの必要もなさそう。
Bピストン  

リングの溝にカーボンが固着していました。除去してリングは新品を組みました。

ポンチのマークが上でしたね。
Cポート 

ポートのカーボン落しと、ついでにちょっと研磨を・・。
Dチェーン   

1人で組み入れるのは大変なので悩んだ末にチェーンブロックでシリンダーを吊り1本づつ入れてみました。上手くいくかな?

もちろんガスケットは新品を使います。
E1本づつ 

少しづつ下ろしながらピストンを入れていきます。リングは位置を合わせないと入りません。
F収まった 

ようやく3本収まりました。

Gお化粧    

ついでにシリンダーに塗装等お化粧してあげました。