整備内容 リアブレーキの点検整備
対応車種 ほとんどのジムニー
情報提供者 8mano氏
整備時間 不明
難易度 ★★★★
必要な工具 不明

リアブレーキの点検

1.ドラムを開けてみます。リターンスプリング、ホールドスプリングを外してシューを取り外す。シューはまだまだ残っているので再使用

2.アジャスタは・・・ありゃりゃ!ストッパが曲がって役目を果たしてない!これだと調整してもすぐ狂ってしまいます。うまく調整できないのはコイツのせいだ!調整時にドライバーで突いてしまって曲げてしまったのだ・・元通りに修正。こんな事もあるのです・・気をつけよう。アジャスタをグリスアップして滑らかに作動するようにする。

3・バックプレートとシューの擦動部にシリコングリスを塗布してシューを組み付け。シリンダとの接点もグリスアップ!

4.リターン、ホールド各スプリングを取り付けてドラムを嵌める。

5.バッチリ調整したら作業終了。

注:私はスリーボンドのシリコングリスを使っていますがラバーグリスでも OKです。(マニュアルではラバーグリスを指定している)ブレーキは重要保安部品です。自己責任で確実な作業をしましょう!


リアのドラムを開けます。
リアのシュー。

まだ、まだいけます。
ストッパーが曲がってます。
アジャスタを分解整備後、グリスアップ
アジャスタをグリスアップ
シューと接する部分にグリスを塗ります。
部品を組む
完成!