今回はプラグ交換を行ってみたいと思います。その前に色々と調べてみました。

まずは、インプレッサのサービスデータから確認してみます。

交換時期が100,000kmとなっております。

NGKのHP(HPはこちら)では、SILFR6Aは『IP両貴金属タイプ』とあります。

更に、NGKのHP(寿命のHP)で確認すると、交換距離の目安が100,000km(荷物を多く運搬する車や軽自動車、チューニング車、同時点火コイル(両極性電源)採用車等では交換距離の目安が短くなる場合があります。)となっているので、基本的には10万キロまでに交換すれば良いと考えることにしました。

S206ってチューニング車みたい物だから、とりあえず、5万キロごとに交換すると勝手に自分で決めました。

左の画像が購入したプラグです。

モノタロウの通信販売で購入しました。

1本 1,390円  4本で5,560円です。 全然高くないです。

純正ではなく、もっと高性能なプラグが無いか調べましたが、NGKからは発売されていませんでした。

問題はプラグ交換です^^;
トレーを並べて外した順番に部品を置いて行きます^^
まずは、運転席側。

エアクリボックスを外してスペースを空けます。
外されたエアクリーナーとそのボックス・・・・・・

エアクリボックスの下には、チャンバー?がついてました。

エアーの吸入量を稼ぐためでしょうか?純正だと吸入口平べったくて狭いので・・・・

前に交換したエアクリーナーは、冬ってこもあり、全然汚れてませんでした。(虫とかついてない)
エアクリーナーの下に、こんなチャンバー?がついているなんて知りませんでした^^;

中を覗いてみると・・・・
虫がいっぱい詰まってますwwww

エアクリナーのゴミ受けでもあるのかな?謎。

もちろん、全部捨てて綺麗に清掃しましたよ^;
エアクリーナーボックスを外せば、イグニッションコイルにアプローチできました。
用意しておいたプラグレンチとギアレンチ・・・・・・

ギアレンチにアダプターを刺すと、薄型のラチェットレンチになります。

横からみた画像。

ギアレンチに、アダブタを刺し込んでます。
その他エクステンション。

ネットで事前に調べた情報では、兎に角作業スペースが狭いと聞いていたので色々準備しておきました。


新品プラグ
悪戦苦闘する事もなく外されたエアクリーナー側のプラグ(4万5千キロ走行)

予想通り先が丸まってます。

別角度からみたプラグ。

やはり丸まってます。

後で確認しましたが、外した4本は大体こんな感じになってました。
4万5千キロ走行でこの状態って事は・・・・・

予想ですけど、この状態(多少はパーワー落ちるが)でも気にするレベルではないとの事でしょうかね???

メーカー側は、途方もないぐらい実験、検証してしてるだろうしね。

この程度の丸みなら問題がないってことでしょう。

さて、問題のバッテリー側・・・・・・

バッテリー交換の時はメモリーバックアップして交換しましたが、メモリは諦めて潔く外しましょう。

外さないとどう見ても交換不能です^^;
バッテリー外して愕然としました。

二次エアシステム(排気ガスに空気を送り込んで燃焼させて綺麗にするシステム)用のエアポンプからのエア配管が思いっきり邪魔・・・・・
こんな感じで、二次エアポンプのボルトを外してから、プラ配管を外して上に持ち上げるようにテープで固定してやっと、プラグにアプローチできました。

手前側のプラグは何の問題もありません。

後ろ側のプラグが・・・・・ほんと外しずらい。

姿勢もきついし。力をうまく入れれないし。

やっと緩んだと思ったら、プラグレンチが抜けないのです。

ほんの数センチ引っかかって・・・・しまって;;

でも、エクステンション分離したり、ラチェット先に外したりしてなんとか交換に成功しました。

知恵の輪ですよ・・・・本当に;;

インプレッサ作業でやりたくない作業No1です。

5万キロと言わず、10万キロ走っても交換したくないです。ホント・・・・

ロータリエンジンよりプラグの整備性悪い。

車検の時、プラグとか絶対みてくれないよね^^;
この超狭い隙間から交換作業するのです。

専用の工具とかあったらいいなぁ・・・・最適な長さのエクステンションとか売ってたら教えてください。
やっと元通り。

二度とプラグ交換はやりたくありません・・・・

バッテリー外したら、時計やパワーウィンドウの初期化リセットを行いましょう。

ネット情報ですが^^;
----------------------------------------------------------
運転席の窓を一番下に下げます。
運転席側の窓を今度は一番上まで締め
そのまま運転席窓のスイッチを上にしたまま5秒待ち離します。
上記の作業でパワーウィンドーがリセットされ元の状態に戻ります。
----------------------------------------------------------
とありますので、全ドアやってみました。

ナビとかは意外や意外、バッテリー外しても特に再セットアップなど必要ありませんでした。これだったら、バッテリー交換する時、メモリバックアップするほどでもなかったです。

★レビュー★ 交換して1時間ぐらい走行した感想。

エンジンオイルを交換した直後のように、体感できます。
若干パワーアップした感じですかね。素直に吹け上がりました。

5万キロ以上走っているのであれば交換してみる価値はあります。

ただ、交換する大変だし、別物のエンジンみたいに変わった!って訳でもありません。

若干パワーが戻ったという表現が良いのかもしれません。一か月ぐらい乗ったら、もう、交換した事を忘れるレベルだと思います。

結論として、交換できるなら早めに交換した方が良いが、スバルやNGKが定めた寿命(10万キロ)で交換して決して悪くないのでは? というのが感想です。

(私は全部自分でやりましたので、経費が5000円程度なので大満足の結果です)