車内の目立つキズは各パネルの交換とダッシュボードの塗装によって無くなりつつあります。

最後の大物、オーディオパネルが届いたので交換してみます。

これで、やっと、キズ消しとはおさらばです。

こちらが届いたオーディオパネルです。

今までついてた物は、小傷とか擦り傷が多くて・・・・なんでこんな場所までキズがあるのやら??

オーディオパネルを外した画像です。

取り外し方は、超簡単で手前に水平に引っ張るだけです。

パネルとダッシュボードの隙間に自分の手の爪を引っかけてウニウニしながら浮かせたら工具無しで取り外せました。

爪の代わりにプラスチックのヘラなどでもOKです。工具を使う場合は養生しないとダッシュボードに傷がつく場合があるので要注意です。

外したパネル。

画像では綺麗見えますが、スリ傷であちこち白い線みたいなのが走ってます。
取付は、外したパネルから、吹き出し口と黄色いクリップ6個を新しいパネルに移植してはめるだけです。

吹き出し口やクリップはハマってるだけですので、ドライバーなどでこじって外せます。

取り外しから、取り付けまで約10分程度で終わりました。

手順が判っていればこんなもんです。

この手の作業で一番大変なのは、部品の調達です。

新品部品を買うのでであれば方法は3つあります。(内装部品の中古はやめましょう。中古だとキズが入ってる場合がほとんどなので・・・・)

さて、調達方法ですが、

1番:ディーラーに頼む。

2番:街の自動車部品屋に頼む。

3番:ネットで頼む。

です。

1番はお手軽ですが、注文するのにディーラーに行かなければいけません。電話で注文も可能だと思いますが、口で言ってもどこの部品の事なのか相手に上手く伝わらない場合が多いです。

2番も1番と同じ。

3番は、アマゾン、モノタロウ、その他で注文可能ですが、部品番号が判らなければ注文不能です。

私は近所のディーラーに部品番号を添えてFAXで注文しています。

届いたら、お金持って買いに行ってます。

純正部品だと値段はどこで買っても一緒っぽいです。
部品番号の調べ方。

私はスバルのソフトウェアを持ってますので、車体番号を入力すれば自分の車の部品すべてを検索することができます。

画像が検索用のソフトです。

ヤフーオークションなどで、数千円で売ってますのでDIYする人は買っておいても損はないと思います。

更にお得な検索方法として、部品番号を検索できるサイトがあります。

部品番号検索サイト

こちらのサイトで自分の車体番号を入力すれば、かなりの部分で検索可能でした。

私も部品番号調べたり、互換部品探すのに、このサイトのお世話になりました。

ただ、細かい部品まですべて網羅されてるわけじゃないっぽいので、最終的には上記のソフトを購入したのです。

それでも、パネル類なんかはこのサイトでも十分検索可能ですので実用性は高いと思います。

自分の車の部品がネットで検索できるなんてよい時代になりました^^