画像では、綺麗に見えますがスリキズだらけだったグローブボックス;;
あちこちに、白い線のようなキズが入ってる。

これがどうしても気になってね。

端や目立たないところならいいんだけど、ボックスのど真ん中に入ったりすると気になって気になってしかたありませんでした。


リンレイ製の『車内の靴キズ復元コート』を試してみたが・・・・

若干薄くなった気もするが、プラスチックが白く変色したキズはどうしようもない。

まあ、なんていうか艶出し材なので、白くなった色が変わる訳もなく・・・・
ダメ元でエーモンの『両面テープはがし剤』を塗ってみるが効果なし。
 更に以前使った『アーマオール』なども使ってみるが、艶出し剤なのでキズが消えるわけもなく・・・・・

ユーチューブで内装キズ消しなど検索してみたら、ヒートガンで熱すれば傷が目立たなくなるとか・・・・

要するにプラスチック表面を溶かしてしまおうという作戦なんですね・・・・

この時点で、新品のグローブボックの蓋をディーラーに注文しました。

深い傷は、ケミカルなんかじゃ治らない結論がでたからです。

ヒートガンあてると、やる前から分かってますが、プラスチックが溶けて再起不能になるだろうと・・・・・・

普通おもいますよね。

新品頼んだから、今ついてるのはどうでもいいんです。
 一番目立つ所やってみました。

予想通り、溶けて ツヤが出て・・・・挙句に変形してしまいました。

再起不能です。

予想通りなので、何も驚きません。

新品来たら交換します。

グローブボックスは交換すれば済むが、ダッシュボードは交換する訳にはいかない・・・・
これが、一番気になってる部分です。

画像だと照り返しであまり目立ちませんが、実際は黒の上に白なので凄くめだつのです・・・・

メーター横のダッシュボードについている傷・・・・

両面テープの剥がしたあと?かなと思って上記のシールはがしなど使ってみたが・・・・

固着してるのかなにか、さっぱりわからないけど、取れませんでした。

乾いたら白い筋がくっきり浮かび上がるし最悪です。

ダッシュボードなので交換(とんでもないお金がかかる)するわけにもいかず・・・

もう、色塗るしかない・・・

覚悟は決まった。
用意したのが、エアブラシです。

これは、塗装の傷消しやプラモデルの塗装などに使ってるものです。

使い終わったら磨いて箱にしまってます^^
レギュレーター兼水抜きフィルター

模型用とかのコンプレサー持ってないので、タイヤの空気圧調整用コンプレッサーを使用してます。
こんな感じで接続してます。

爆音なので家族に怒られます^^;
ヒートガンでダメになったグローブボックス。

アクリル樹脂なんだか、ABS樹脂なんだかわからないが、真っ黒ではなく、若干グレーかかった色が塗装されています。

S206だけなのかは判りませんが、タダ同然で買ってきた解体車両インプ用の中古グローブボックスとは若干色がちがいました。

なので、元々ついいていたグローブボックスに合わせて調色します。

半光沢、つや無し、などをMRカラーをつかって気が済むまで調色します。

プロではないので、何時間かかろうが気が済むまで色合わせすればいいのです。

使用した塗料群。

ホビーショップに行けばいくらでも手に入ります^^
エアブラシスタンド。

タミヤ製だったと思うが、使い勝手はイマイチ。
エアブラシ内部を洗った時に、この専用瓶に吹き付けます。

そうすると周囲が汚れません????

横の小さい瓶が試行錯誤の上調色されたダッシュボード色。

スプレー中は、画像取ることができません^^;;

画像は撮影用に左手でもってるだけの画像です^^;

実際は、マスキングテープで余計な場所を養生してから、スプレーしています。

傷?の部分だけピンポイントでやりました。
こちらが、塗装後の画像です。

白い部分は消えてなくなりました^^



ここの部分が白線があった場所です。

自分でも判らないぐらいになりました^^

黒に白い線だったので目立つなんてもんんじゃなかったのですが、凄く綺麗に仕上がりました。